湯野浜温泉 湯野浜ホテル(山形)の詳細

湯野浜温泉 湯野浜ホテル(山形)
ごまちゃん温泉体験記
ページの情報
記事タイトル 湯野浜温泉 湯野浜ホテル(山形)
概要

湯野浜温泉街の中では比較的南側にある旅館です。客室数も少なく個人客向けです。今回は、週末に時間が取れそうなので急遽泊まりで温泉行く事に決定。夜中に話が決まったので、その時間からの電話予約は宿側に失礼なのでネット予約出来る所で選びました。今回選んだのはビジネス応援プラン。通常のプラ…… more ンよりはすこしお料理少なめのプランのようです。 到着すると、海が近くてなかなか良いなと。どうも山奥の温泉に行きたがる傾向があるから、たまに海側の温泉に来ると新鮮な気分になります。 [大人向けの宿] 宿泊 料金:8,640円+入湯税150円 楽天トラベル予約     (1泊2食 2名1室 1名分) 平成29年3月 訪問 館内に入ると、すぐに女将さんらしきおばあちゃんが対応してくれました。廊下まで畳敷きの宿なのですね。少し驚き。足腰のわるい女将さんのようで、階段をゆっくり上がりながらお部屋まで案内していただきました。思ったより小さい宿です。割烹旅館とはなっていますが、何処か家庭的な雰囲気も感じる宿です。 [1F廊下 正面のお部屋が食事会場だった] 案内されたお部屋は10畳の和室+床の間付。冷暖房はエアコン、部屋の設備としては、テレビ、金庫、電話、電気ケトル、お茶セット、浴衣、丹前バスタオル、タオル、歯ブラシなど。一般的に用意されているものはだいたい揃っています。タオル掛けが結構大きい。 [10畳和室+床の間] お部屋には洗面台とシャワートイレがついております。洗面台の脇に冷蔵庫有。冷蔵庫がお部屋の中ではなく、洗面台の所にあるというのはなかなか良い気がします。 [お部屋の洗面台&トイレ 冷蔵庫有] お部屋の冷暖房のエアコン、残念なのはメンテナンスがいまひとつという状態。とっくにフィルター清掃したほうが良い状態。こういう所、省エネにもつながるのでメンテナンスを怠らないほうが宿側にとってもメリットあるのですが。 ざっと一通りお部屋の中を確認し、荷物をほどき一休み。スマフォで確認したら、この宿は無線LANは用意されていないみたいです。まあ、特に支障ないですが。2人で利用するには十分すぎるスペースが確保されておりなかなか利用しやすいお部屋になっております。ただ、窓の外の景色はちょっと残念なお部屋の場所でした。見えるのが隣の建物だけなので。このへんは割り切りなのですが、うちは正直景色の良い部屋というのをあまり気にしていないのです。実際、景色を楽しんでいる時間なんてほんの僅かですからね。 さて、チェックインして夕ご飯前にまずはお湯を楽しむ事にしました。うちは温泉宿に行く=お湯を楽しむのが最大の目的なので。 [風呂入口] お風呂は男女別内湯×1。1Fにあります。 脱衣所、同時にに3人程度が着替えできそうな広さ。手前側に脱衣棚、奥側に洗面台というレイアウト。脱衣棚もそれほど数ありません。 [脱衣所 広くはないが使いやすい] 綿棒やドライヤーは用意されています。カミソリもドライヤーの所に置いてありました。ベビーベット的なものも用意されています。ただ、この宿の雰囲気で子供はあまり向かない気がするのだけど。 置いてある扇風機が家で使っているのと全く同型で驚きました。   浴室に行くと、右側に湯船、左側にシャワーが配置されたすごくシンプルな浴室になっています。タイル貼りの浴槽で、見方によっては共同浴場のレイアウトを少し豪華にした感じですね。このシンプルさが個人的にはすごく好き。メンテナンスもしやすそうですし、安全に入浴出来ると思います。 [共同浴場並にシンプル湯船] さて、洗面器は?と思って探していると、窓側にまとめておいてありました。ただし、シャワーの数分しか洗面器と風呂椅子が準備されていません。あと2つぐらいあると良いなと思いました。 掛け湯すると、程よい温度。湯野浜温泉は共同浴場に以前入った時に、熱いなというのが印象的だったのですが、さすがに旅館のお風呂です。きちんと温度管理がされており、観光客が来ても入りやすい温度になっていました。 お湯は透明。けしてさらりとした湯ではなく、べたつく感じもある湯です。さすが塩化物泉。湯口のところで少し舐めてみると、結構塩辛いです。これがよく温まる湯で寒い季節に最適。一旦汗が出始めると止まらないぐらい汗がでるようになります。やっぱり温まりの湯。 [塩辛い透明湯] シャワーは3台。水圧まあまあです。今思ってもなんとも思わず利用できていたので、全く問題ないはずですね。正直記憶にあまりない。使いにくいとか全く感じなかったです。 [シャワー 使い勝手問題なし] ただ、この浴室、あまりにもシンプルな作り。せっかくのお泊り温泉、お風呂はちょいと物珍しいものを求めている人には全く向かず。特に、子供はこのお風呂だとつまらないのではないかと思いました。大人というか高齢者はこういう風呂のほうが落ち着くと思います。 [湯口] そろそろ上がろうかと思った頃、他の客が脱衣所に見えたのですれ違うように上がりました。 その後、夕食後や寝る前、朝方など5回ぐらいお風呂は利用させていただきました。1回の入浴時間は比較的短め。十分にお湯を楽しむことが出来ました。なぜか、最初から最後まで1人ということが少なく、わずかの時間誰かとかぶるように入浴となりましたね。早朝、絶対1人だろうと思っていってみたら、既にお爺ちゃん入浴しておりました。 [女湯 こちらもシンプル湯船] [女湯シャワー 男湯とほぼ一緒] 今回は2食付きで予約。ビジネス向けのプランなのですが税抜8千円もする。やはり割烹旅館だからなのでしょうか。食事は1Fの食事会場で頂きます。 食事会場は2箇所あるようで、たぶん、小さい方のお部屋に案内されました。こちらの食事会場では2組のみ食事をとるようです。 [食事会場の雰囲気] [和室なのにカウンター空間 もっと上手に利用すれば・・・] 割烹旅館なので、料理は最初に全部ならんでいるのではなく、順番に運ばれてきます。ただ、食事の進み具合によっては、次の品と少しかぶる感じになってしまいます。 お造りは鯛と鯵とタコ、焼き魚も温かいものが出て来るし、お鍋は鶏鍋。カニも出てきて、最後には麦切りとなかなかボリュームのある内容です。お味はそれなりに良いと思うのですが、割烹旅館というのでもっと繊細な料理を期待している人は若干期待はずれと感じるかも。普通の夕食プランと思うと十分な内容です。 [夕食 最初はこれだけ準備されている]         ちなみに、夕食の時お料理を運んでくれる人、マネージャーは別の宿かどこかで見たことある人だと言っていました。よく覚えているな~。 お腹いっぱいになりお部屋に戻り一休み。程なくして、お隣のお部屋の人もお部屋に戻ってきたようですが・・・その後がすごかった。親子連れだと思うのですが、子供が暴れまくっている。やっぱりこういう宿に小さい子は無理だと思う。だって子供が楽しそうな部分全く無いのだから。まるっきり大人の都合で作られた空間の宿。けして子供は悪くないと思う。親が宿を選ぶ時、お子さんのことをもっと考えて宿選びをしていれば問題なかっただけでしょう。 [布団は夕食の間に敷かれています] 朝食は朝7時半。夕食と同じ食事会場になります。夕食と違い、朝はいっぺんに全部準備されていました。焼き魚とお汁は後から出てきましたけど。ベビーホタテの汁物は、どこかワイルドな磯臭さを感じるものでした。やはり、繊細さを感じることはなく、どちらかというと漁師料理的な要素もある割烹旅館の料理。ある意味、昔、母方の実家で食べたことあるような懐かしさも感じる味付けのものがありました。浜の料理とはこんな感じだな~って。 [朝食] だからこの宿、ネット上の口コミをみていると、割烹旅館なのでお料理をすごい期待しすぎて行った人はがっかりしている雰囲気があるのだなと思いました。普通の旅館料理レベルで美味しいのだけどね。都心部の料理屋みたいな繊細さのある料理を求めて訪れた人はがっかりだったのでしょう。 うちの他に同じ食事会場で食事をしていたのは、比較的高齢のご夫婦でした。旦那さんは結構飲む人みたいです。そのせいもあるのだと思いますが、料理が食べきれないとお話されておりました。まあ、だいたい旅館の料理は食べ切れない量の所が多いですけどね。 この宿、部屋数も少なく個人客にはなかなか良いかなと思います。ただ、子供連れには向かないこと、それと、割烹旅館といってもお料理を過剰に期待しすぎると宿側が提供できる範囲とお客が求めているもののミスマッチが起きてしまうなと思うぐらいでしょうか。漁師料理の宿とかいう触れ込みであれば、皆さん、この食事内容で満足するような気がします。 宿のスタッフはそれなりにテキパキ動いているようで良かったですよ。足腰の悪い女将さんはなかなか動けないよですが。 お宿全体として少し気になったのは、宿のスタッフが全体的に高齢。それと、男性スタッフが少ないような気がしました。そのためか、一般的にお掃除と言われる部分の清掃はきちんとされているのですが、男性が主に担当する電気機器や機械設備のメンテナンスというのはどうも手が回っていない雰囲気を感じます。例としてエアコンのメンテナンスとか窓が開きにくい場所があるなど。 お湯に関しては、湯野浜温泉のお湯を入りやすい状態で提供していただき、秒殺的にしか入れない共同浴場と比べると、長い時間お湯を楽しむことが出来て、この点ではとても良かったと思いました。 最近、寒い季節は塩化物泉のありがたみをとても痛感しており、湯野浜温泉はまさしくそれにドンピシャリで気に入っております。これからもまたいろんな宿を訪れ、湯野浜のお湯を楽しみたいなと思いました。山形も日本海側の温泉はほとんど行っておらず、これから訪れる回数を増やしていきたいです。 主婦湿疹 △ close

湯野浜温泉 湯野浜ホテル(山形)
サイト名 ごまちゃん温泉体験記
タグ 温泉 温泉(山形県)
投稿日時 2017-05-04 14:40:00

「湯野浜温泉 湯野浜ホテル(山形)」関連ページ一覧

新着記事一覧

【神奈川】中川温泉 丹沢ホテル時之栖


幸せな時間求めて*旅心いっぱい!と孫一道*
中川温泉温泉旅館・ホテル中川温泉 丹沢ホテル時之栖≪神奈川県*観光スポット周辺のホテル・旅館一覧≫♪頑張ろう!日本!・・・コロナに負けるな~~...
幸せな時間求めて*旅心いっぱい!と孫一道*
温泉
2021-02-28 14:40:06

【飯坂温泉 旅館一柳館】ホームページはありません


温泉の杜 ~日本全国温泉めぐり~
一番風呂を満喫 飯坂温泉のホテルなどの密集地からは少し離れた場所にある「旅館一柳館」に立ち寄り湯で訪問しました。 飯坂温泉の宿泊施設は、こ...
温泉の杜 ~日本全国温泉めぐり~
外来入浴 温泉 源泉かけ流し 福島県の温泉
2021-02-28 14:20:23

大分の温泉アーカイブ編 ~筋湯温泉 たからや旅館~


最高な岩手の日々 ~ぬまの気ままな湯めぐり日記~
内湯。貸切露天風呂です。こちらが夕食。朝食です。九重温泉から、筋湯温泉 たからや旅館です。こちらは宿泊で利用しました。木造3階建ての昭和レト...
最高な岩手の日々 ~ぬまの気ままな湯めぐり日記~
大分の温泉 温泉
2021-02-28 02:20:05

酒井屋旅館 大浴場 ②


うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.
大浴場のご紹介です階段を降りて1階へ男湯、女湯の入口。入替はありませんがほぼ同じ造りのようでした。脱衣所。無駄な物はなく、シンプル。そして館...
うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.
大浴場 酒井屋旅館 (長野)
2021-02-28 00:42:02

神奈川県 小田原市「ミナカ小田原 足湯」


…風露愚… 温泉宿と日帰り温泉巡り
【神奈川県 小田原市「ミナカ小田原 足湯」】URL【photo】ミナカ小田原の「足湯」足湯から見る小田原城 続きを読む
…風露愚… 温泉宿と日帰り温泉巡り
【温泉街・足湯・手湯等 一覧】 足湯
2021-02-28 00:24:16

2021年温泉博士3月号〈関東・甲越・東北版〉温泉手形・おとな子ども手形・割引手形掲載施設一覧 ●温泉博士 取扱い書店一覧


月刊温泉博士ブログ
●ご利用期限/2021年3月5日〜4月25日《無料温泉手形》【千葉県】■白井市/天然温泉 白井の湯 ※土・日・祝 利用不可■いすみ市/九十九里ヴィラそとぼ...
月刊温泉博士ブログ
未分類 温泉
2021-02-27 16:20:09

長湯温泉 温泉交流館 みつばちの湯(家族湯)〈蜂の巣を模したハニカム浴場〉@大分竹田市直入町


いろいろアウトな日々
 2020年のお話です。 はい、それでは今日もまた、2020年9月3日(木)~4日(金)・1泊2日、「大分・別府~長湯」温泉一人旅レポ、1日目9月3日...
いろいろアウトな日々
温泉
2021-02-27 15:20:09

【飯坂温泉 福すむ宿 福住旅館】おかめのタイル絵の浴槽


温泉の杜 ~日本全国温泉めぐり~
7階建ての5階が玄関 飯坂温泉の宿「福すむ宿 福住旅館」のシンボルはおかめとひょっとこで、「福が住む宿」として営なまれています。 摺上川(す...
温泉の杜 ~日本全国温泉めぐり~
宿泊体験 温泉 源泉かけ流し 福島県の温泉
2021-02-27 15:00:16
;