湯ヶ島温泉 落合楼村上② 貸切露天風呂(予約制)〈川のせせらぎが聞こえる日本庭園風の大露天風呂〉の詳細

湯ヶ島温泉 落合楼村上② 貸切露天風呂(予約制)〈川のせせらぎが聞こえる日本庭園風の大露天風呂〉
いろいろアウトな日々
ページの情報
記事タイトル 湯ヶ島温泉 落合楼村上② 貸切露天風呂(予約制)〈川のせせらぎが聞こえる日本庭園風の大露天風呂〉
概要

 2019年のお話です。 はい、それでは今日もまた2019年3月26日(火)~3月28日(木)2泊3日「伊豆 湯ヶ島・伊東・熱海」温泉旅行シリーズ、続きを進めていきます。 今回の記事から湯ヶ島温泉『落合楼村上』の温泉や食事を順次ご紹介していくのですが…… more 。 えーっと、ですね。 まず最初に書いておきますと、落合楼村上には①「貸切露天風呂(予約制)」②「天狗の湯/洞窟風呂」③「モダンタイル風呂/ひさごの湯」と、大きく分けて3つの浴場があります。 で、今回は貸切露天風呂のご紹介です。 この貸切露天風呂は宿泊者は無料で利用できるんです。 ただ、利用時間は予約制となっていまして、その予約は事前の電話等ではできずチェックイン後に予約するといったシステムになっています。 僕がチェックイン15時の5分前にフライング気味に到着したのも、この貸切露天風呂の予約時間をできれば16時からとかちょうどいい感じの時間にしたかったからなのですが…… 到着して開口一番宿の方に確認したところ5分前到着にもかかわらず、すでに16時からの予約は埋まっているとのこと。 えーっ???俺らより先に来た人がいるのか! まあでも、しゃあない。 できるだけ早い時間で予約できた時間がですね……   15時10分から!!!(爆) チェックインの10分後です!しかも制限時間はわずか40分! 「ちょっといい旅館でのんびりする」という当初の目的は、この時点で早くも崩れ去ってしまいました!(笑) もう15時過ぎとるがな、はよ、はよ、名前書くから宿帳はよ持って来い、ウェルカムドリンク?そんなもん、ゆっくり飲んどるヒマなんかあらへんがな! もう、ウェルカムドリンクとか一気飲みです!←馬鹿 部屋に案内してくださる宿の方を後ろから早足であおりまくって(笑)、部屋に着いて荷物をぶん投げて。 宿の方が食事の時間や場所などいろいろ説明してくださるのもロクに聞こうとはせず(苦笑)、着替えることすらせずに、とにかく貸切露天風呂へと急ぐのですが。   そこで有利になったのが、前回記事でご紹介した僕らの部屋「楓3」の位置ですよ。 僕らが泊まった部屋は浴場へと通じる通路の真横にあったんです!   配置図をご覧ください。 僕らの部屋「楓3」の横の通路は落合楼村上にある大きく3つの浴場、その全てに通じているんです。 貸切露天風呂は部屋の横の通路を真っ直ぐに行ったところにあり、その他の浴場は階段を左に降りた場所にあります。   「湯殿」の表示があるこれが僕らの部屋の横の通路です。   通路前の看板。   おお!!! ただの通路なのに小石と木の切株でしょうか、和モダンなデザインでめっちゃお洒落ですね! 突き当りの扉の手前左側に階段がありますよね、あの階段を降りると「天狗の湯/洞窟風呂」や「モダンタイル風呂/ひさごの湯」に行けるわけです。   通路突き当りの貸切露天風呂への出入り口。   出入り口を出るとこんな感じ。 庭園の中の遊歩道のようになっています。 道の先に階段があり降りると浴舎です。   振り向いたところ。 前回記事で部屋の和室の窓から見た風景を載せましたが、僕らが泊まった部屋が写メ真ん中の部屋になるわけです。   貸切露天風呂の浴舎。   脱衣場は広々と清潔。   洗面台とウォーターサーバー。   化粧品の類も充実。 歯ブラシも使い放題(笑)。   温泉分析書がアホみたいに貼ってある!(爆) いやね。 落合楼村上の使用源泉は…… ①「大滝の湯」  たぶんこれが自家源泉②「落合の湯」 川の中から自噴③「釜石の湯」 向かいの山を100mボーリング④湯ヶ島財産区管理の「共同源泉」 付近の旅館の源泉をひとつに統合 と、4つあるようなんですが。(間違っている可能性大です。笑) このズラズラッと貼られた分析書を見てもうどうでもよくなっちゃった、と言うか、あきらめてしまいました。 もちろん落合楼村上は温泉の良さも大きな魅力なんですが、僕がここを選んだ理由はそれだけではなくて。 しかも、貸切露天風呂にはオカンもいっしょに入るんですよ、オカンの着替えの時間を考慮したら貸切露天風呂の利用時間もあと20分くらいしかないんです。 なもんで、温泉の詳しい解説とか僕にはできません、すみません。 まあ何だ、もともと素人の俺には源泉違いによる浴感の違いなんて正直よくわからないですし(苦笑)。   とりあえず端っこのやつだけをロクに見ないで撮ったもの。 今、記事を書く際に初めて見たら混合泉の分析書でした(苦笑)。    混合泉のだけど……(苦笑) 源泉名:混合泉泉質:カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉    (低張性弱アルカリ性高温泉)泉温:52.2℃pH値:8.2   あと、「落合の湯 湯ヶ島7号」と「釜石温泉 湯ヶ島18号」が使われているようです。   タオルとバスタオルも使い放題。 写メ左が露天風呂の入口です。   おおお!!! 日本庭園風の造りで風雅な落ち着き感がありますね~。   浴槽の半分くらいは屋根の下で、また、浴槽真ん中付近に傘のようなものもありますから、雨の日でも快適に入浴できそうです。   浴槽は岩風呂風で一度に20人くらいは入れそうな大きなもの。 もともとは貸切ではなくて女性専用の露天風呂だったとかで、その広さ、大きさにも納得です。 これだけの規模の露天風呂を貸切で利用できるなんて、とても贅沢ですよね~。 あ、あと、写メ右下からお湯がオーバーフローしてるでしょ、ここ、滑らないように注意な!(笑)   洗い場は屋根の下に設けられており、スペースもゆったりしています。 アメニティ類は「ラコンサ」とかいうやつでした、俺はよく知らんけど(笑)。   お湯の色は無色透明。 浴槽の底は大小の石が敷きつめられていて、川底を模したものでしょうかね。    湯口です。どこか甘いような芳香がしました。 白い析出物がイボイボになってびっしりとこびり付いています。 有名な温泉ブロガーさんが、この貸切露天風呂は独自源泉の単独源泉だと書いておられましたが、脱衣場の温泉分析書を見る限りではたぶん違うと思いますよ、知らんけど(笑)。 また、この岩の湯口から投入されているのは「大滝の湯」だと書かれていた方もおられましたが、それも違う気がするな、知らんけど(笑)。 あー、やっぱりめんどくさがられても宿の方にちゃんと聞いてくればよかったね(苦笑)。   浴槽の底には色とりどりの石が配されていてきれいなんですよね~。 真ん中には大きな石があってここに腰かけて休むこともできます。 でさ。 その大きな石の右側に小さな穴が2つ開いているのが見えますでしょうか? この浴槽底の小さな穴も実は源泉投入口なんですよ! この浴槽底から投入されているのが共同源泉の混合泉で、さっきの岩の湯口のお湯が落合の湯か釜石の湯、もしくは落合・釜石の混合泉なんでしょうかね??? いや、もう、はっきり断言する、俺にはわからん!(大爆) ごめん、もしまた落合楼村上に行くようなことがあったら、今度こそちゃんと聞いてきます。   浴槽手前のオーバーフロー。   傘の下の岩の間からもお湯がオーバーフローしていました。 ここも析出物がすごいですね!   岩の湯口の上の段の温度は47℃。 気温の低い時期は加温されているとかで、この日2019年3月26日は加温されているとのことでした。 夕食時に仲居さんに質問して、わかる方にわざわざ聞きに行っていただいたので間違いないです。 ただ、いったいどの源泉が加温されていて、どの源泉が加温なしなのか、そこまで根掘り葉掘り聞けませんでした、どうもすみません。 この日は加温ありだったものの、循環・消毒などはなしのかけ流しですよ。   浴槽内温度は41.6℃。 長湯にはもってこいのぬるめのお湯ですね。 僕らに残された時間はあとわずかですが(苦笑)。   浴感はスベキシ感があるものの、どちらかと言うとあっさり、さっぱりといった感じでしょうか。 落合楼村上の泉質・硫酸塩泉は美肌の湯・保湿の湯とも言われ、湯上りがしっとりするのも特徴のひとつなんだそうです。   緑の木々に囲まれ、ぬるめのお湯につかっていると、使用源泉がどうとか浴感がどうだとかもうどうでもよくなってきます。 囲いがあるため視線の抜けは得られませんが……   囲いの向こうはすぐ川(たぶん猫越川)が流れているんですよ! なので、浴槽につかったままでも川のせせらぎが聞こえてくるんです。 広々とした露天風呂、そのぬるめのお湯に貸切で悠々とつかりながら、川のせせらぎに耳を傾ける。 のんびりと心癒される、贅沢極まりない時間がゆっくりと流れていきます。 うそ!思ったより時間が経つのは早くて、もう上がらないといけない!(笑)   最後にオカンが撮った下手くそな写メ(笑)。 もし次に行くことがあったら、もうちょっとゆったりとした気持ちでのんびり楽しみたいものです(笑)。   close

湯ヶ島温泉 落合楼村上② 貸切露天風呂(予約制)〈川のせせらぎが聞こえる日本庭園風の大露天風呂〉
サイト名 いろいろアウトな日々
タグ 温泉 露天風呂
投稿日時 2019-07-05 00:23:43

「湯ヶ島温泉 落合楼村上② 貸切露天風呂(予約制)〈川のせせらぎが聞こえる日本庭園風の大露天風呂〉」関連ページ一覧

新着記事一覧

2019/7/19(金)高湯温泉共同浴場あった湯 福島県


ウシ子とウシ夫の牛歩旅
高湯温泉共同浴場あった湯 福島県 福島県福島市にある高湯温泉共同浴場あったか湯に日帰り入浴しましたよこんなお値段で入っていいの~?と思う...
ウシ子とウシ夫の牛歩旅
山形県-新潟県-秋田県-青森県-岩手県-宮城県 2019/7/11-19 温泉
2019-12-16 05:20:12

◆20.1/25(土)~26(日)…第1回「秘湯女子図鑑」ファン企画。草津で温泉アイドルと


全国秘湯・露天風呂愛好会「なちゅらる」
私を草津温泉に連れてって♪ ついでにスキーにも連れてって!! 秘湯女子図鑑初の単独イベント開催! もちろん露天風呂も貸し切りです💛 雪見酒...
全国秘湯・露天風呂愛好会「なちゅらる」
2ショット混浴 イベントスケジュール ファンの集い モデル撮影会 混浴 混浴オフ会 混浴サークル 混浴ツアー 混浴温泉 混浴露天風呂 温泉 温泉アイドル 秘湯女子図鑑 草津温泉 露天風呂
2019-12-16 05:00:17

温泉記ー252 大鷹の湯(西那須温泉)


じゅうべい  リストラそして・・・
じゅうべい温泉記ー252 大鷹の湯(西那須温泉) 宿のHPです   前回の記事です   何時もなら寒い時期に行きたくなるんだけど、 今回は姉を連れて...
じゅうべい  リストラそして・・・
温泉 温泉編
2019-12-16 01:40:02

今年最後の宿泊 吉松温泉ビジネスホテル 鹿児島県湧水町


 ここんのぶらり温泉紀行ブログ
年内に温泉宿に宿泊する予定はなかったんだけど、ちょっとしたトラブルで宿泊することになりました。 そのトラブルというのは、ここんのミスのせ...
 ここんのぶらり温泉紀行ブログ
温泉
2019-12-16 01:20:04

成田空港温泉 空の湯(温泉編)


千葉県発!温泉・スパ銭・湯~ライフ
 芝山鉄道 芝山千代田駅から徒歩3分、海外帰りに汗を流すのには、絶好の温泉がオープン! 成田空港温泉 空の湯   グランドオープンは、2019年1...
千葉県発!温泉・スパ銭・湯~ライフ
温泉 温泉(千葉県)
2019-12-16 00:40:04

コットンウッド温泉イン・アンド・スパ, コロラド州


世界温泉入湯記
10月だというのに早くも積雪に見舞われたコロラド。 これは雪見風呂のチャンス!ということで、車をスリップさせながら山奥の温泉宿を訪ねました。 素...
世界温泉入湯記
コロラド州 サウナ 宿泊 温泉 私の好み [3/5]
2019-12-15 16:40:02

「木の花の湯」は御殿場の新しい日帰り温泉!富士山の絶景も|静岡県|LINEトラベルjp 旅行ガイド


国内・海外の旅行・観光ガイド トラベルjp<たびねす>|「日帰り温泉」新着記事
御殿場プレミアム・アウトレット内に日帰り温泉「木の花の湯(このはなのゆ)」ができました。露天風呂から見える富士山はまさに絶景!食事処では地元グ...
国内・海外の旅行・観光ガイド トラベルjp<たびねす>|「日帰り温泉」新着記事
温泉
2019-12-15 16:20:03

12月15日 第3555話 能勢温泉・天草大王の孵化に成功


大阪の温泉料理旅館社長「ひろっちゃんの日記」
兼ねてより孵化を試みていた天草大王の卵が昨日孵った。 正真正銘の能勢温泉で生まれた天草大王の卵である。    まだ孵化器に入っている...
大阪の温泉料理旅館社長「ひろっちゃんの日記」
温泉
2019-12-15 15:40:02

木部谷温泉 松乃湯は、温泉愛がすごい!


石井宏子の地球まるごと温泉ビューティ®
島根県美肌湯めぐり。すごいお宝見つけちゃった♪木部谷温泉の源泉は間欠泉。25分ぐらいの頻度で5分間くらい吹き上がります。シュワシュワ炭酸ガス、鉄...
石井宏子の地球まるごと温泉ビューティ®
温泉
2019-12-15 14:40:03

MT街道まっしぐら静岡湯巡り編 ~熱海温泉 日航亭 大湯~


最高な岩手の日々 ~ぬまの気ままな湯めぐり日記~
最後も熱海から。熱海温泉 日航亭 大湯です。徳川家康が湯治で浸かっていた由緒あるお湯だそうです。現在は公衆浴場的役割の日帰り施設です。湯前神...
最高な岩手の日々 ~ぬまの気ままな湯めぐり日記~
温泉 静岡の温泉
2019-12-15 14:20:06

MT街道まっしぐら静岡湯巡り編 ~熱海温泉 福島屋旅館~


最高な岩手の日々 ~ぬまの気ままな湯めぐり日記~
また熱海温泉から。熱海温泉 福島屋旅館です。創業は明治時代だそうです。 昭和の建物が今もそのまま残っております。日帰り入浴も積極的に受け付け...
最高な岩手の日々 ~ぬまの気ままな湯めぐり日記~
温泉 静岡の温泉
2019-12-15 02:20:07
;