渋温泉 歴史の宿金具屋⑪ 金具屋源泉見学ツアー〈金具屋の4つの源泉を五感で体験!〉の詳細

渋温泉 歴史の宿金具屋⑪ 金具屋源泉見学ツアー〈金具屋の4つの源泉を五感で体験!〉
いろいろアウトな日々
ページの情報
記事タイトル 渋温泉 歴史の宿金具屋⑪ 金具屋源泉見学ツアー〈金具屋の4つの源泉を五感で体験!〉
概要

 2018年のお話です。 はい、それでは今日もまた2018年10月11日~12日2泊2日?「長野・渋温泉」シリーズの続きを進めていきます。 実は僕が宿泊した渋温泉の『歴史の宿金具屋』には宿泊者限定の2つの無料サービスがあるんです。 ひとつが…… more 国の登録有形文化財に認定された「金具屋斉月楼」と「金具屋大広間」を巡る「金具屋文化財巡り」。 そしてもうひとつが金具屋の4つの自家専用源泉を実際に見ることができる「金具屋源泉見学ツアー」。 文化財巡りの方はチェックイン後、毎日17時30分くらいから開催されるのですが。 僕はその時間帯は渋温泉の外湯9湯巡りに忙しく(笑)、また、イマイチ建築にも興味がないということで(苦笑)、文化財巡りの方はパス。 宿泊した翌朝の朝8時30分くらいから50分程度の源泉見学ツアーだけに参加しました。(チェックイン時に予約が必要です) でさ。 いちおうノートにメモを取ったんですが、案内人の方が説明されるのを立ったまま急いで書くものですから、今、読み返してみると字がグッチャグチャに汚くて判読できないものが多数!(大爆) そのため、満足なご紹介はできませんので悪しからずご了承ください(苦笑)。 で、まず最初に案内されましたのは金具屋のすぐ横の路地を入った……   「金具屋別荘」です。 ほら!ほら!ほら! このステンドグラスに見覚えはありませんか?   そう!ステンドグラスに彩られた素敵な浴室「浪漫風呂」です。 金具屋別荘の源泉は浪漫風呂のほぼ真下から湧出し、金具屋にある8つのお風呂でもこの浪漫風呂だけに使用されているのです。   この階段を降りていきますと……   おおお!!!この源泉が金具屋別荘か! 金具屋のHP紹介文は「金具屋の建物の敷地内、潜龍荘地下3mから湧き出す金具屋で最も古い源泉です。このお湯が湧いたことで金具屋が温泉宿を始めたきっかけの湯。戦前は泥の湯といわれ肌にとてもよいといわれてきました。鉄分が多く黄色がかった濁りの温泉です。」となっています。 写メでもお湯の色が若干黄緑っぽくなっているのが見て取れますよね? 案内人の方のお話だとこの約1m30cm下の割れ目から自噴しているとのこと。 この時は10月でしたが、夏場はもっとお湯の水位が上がってあふれそうになるそうです。 で、金具屋別荘を後にし、温泉街の細い路地を通って次に向かったのが……   「金具屋第3ボーリング」です。 HP紹介文は「金具屋から川沿いにでた場所にある第3ボーリング。深度は100mほど。ただし温度が80度半ばで吹きあがってはこないためコンプレッサーでお湯を揚げる動力揚湯です。」となっています。 案内人の方がおっしゃるには「いちばん一般的な源泉」とのことでした。   金具屋第3ボーリングはまるで洞窟探検のような貸切風呂「岩窟の湯」(上の写メ)の源泉に混合泉として使用されている他、先述の浪漫風呂の洗い場や「潜龍荘」客室のお風呂と洗面にも使われています。   管に温泉成分がびっしりとこびりついてものすごいことになっていますね!(笑) 何でもすぐに管がつまってしまうそうで「おととい掃除したところ」だと笑っておっしゃっていました。   この緑色に変色したもの、皆さん何だかおわかりでしょうか? 僕は鉄分が酸化したものかな?と思っていたんですが…… 何とこの緑の物体の正体はコケ(苔)なんだそうです!!! 金具屋第3ボーリングの湧出温度は83.0℃、このコケはその約80℃の高温にも耐えることができるコケなんだとか。 (2018年の)5年前にコケの専門家が見に来たそうですよ。   で、この白い結晶は温泉成分が固まったものなわけで。   「まあ早い話が食べる塩です」ということで、案内人の方に食べてみるよう促され味わってみますと…… あっ、確かにしょっぱいですね、ただ、はっきりとしたエグ味がある! このエグ味、渋みこそが「渋温泉」の名前の由来なんだそうです、へー、そうなんだ! でも、エグ味や渋味はあるものの、それがまた味わいや個性になって個人的にはなかなかおいしい塩だと思いました。 でさ。 この金具屋第3ボーリングのすぐ近くに、現在は営業されていない金具屋系列の旅館である『臨仙閣』があるんですが……    その臨仙閣の浴槽を窓の外から写メだけ撮らせていただきました。 一般の方は宿泊や入浴ができないというのに、浴槽には満々とお湯が満たされていました。 「音泉温楽」というイベント等でこの臨仙閣に宿泊されているくまるさんによりますと、この浴槽のお湯は完璧な湯守仕事がなされており適温に保たれているとのこと。 あー、いつの日か僕もこの幻とも言えるレアなお湯に入ってみたいものです!まあ無理でしょうけども(苦笑)。 で、この後は小型のバスに乗り込んで横湯川を渡って向かった先は……   金具屋の駐車場すぐそばにある「金具屋第2ボーリング」。 ツアーで見学した順に記事にしていますので、「金具屋第1ボーリング」とは前後してしまうんですが、金具屋HPの紹介文は「第1とともに昭和27年に掘削されたボーリングです。金具屋第1ボーリング、第2ボーリングは源泉が50m程しか離れておらず、成分もほとんど一緒です。当館では混合して使用しております。」となっています。   この金具屋第2ボーリングは金具屋第1ボーリングとブレンドされ、上の写メの「龍瑞露天風呂」の他、館内に5つある貸切風呂や神明の館、斉月楼、居人荘の客室の風呂及び洗面台の湯に使用されています。   源泉槽の上部に裂け目があってもくもくと噴気が噴出しています! 辺りには、はっきりとわかる濃厚な硫黄臭が漂っていました。 案内人の方のご説明では「火山に近いと硫黄泉、離れていると塩化物泉になる」ということでした。 「横湯川の右岸はほとんど硫黄成分がない酸性泉、左岸は含硫黄のアルカリ泉といった、相反する泉質になります」との興味深いお話も伺いました。   この噴気に手を当ててみてください、と言われましたので……   熱っつ!!!!! 火傷しそうにめちゃめちゃ熱くてすぐに手を引っ込めました!(笑) だって泉温が98℃もあるんだもんなあ(苦笑)。   源泉槽にこびりついた析出物がキモカッコよかった!(笑) で、最後はすぐ近くにある……   「金具屋第1ボーリング」です。 金具屋HPの紹介文は「宿から300mほど離れた金具屋駐車場にある金具屋第1ボーリング。ボーリング深度は70mほどにもかかわらず沸点を超え水蒸気と共に吹き上げる源泉です。露天風呂や貸切風呂の透明なお湯はこちらのもの。冬場は暖房の熱に使用しています。硫黄分を含む源泉です。」となっています。    温泉成分で穴が詰まってしまうので、30日に一度は分解してメンテナンスされているそうです。   で、案内人の方が櫓の下にバケツを置いて、何やらしますと……   5分も経たないうちに源泉が噴出してきました!    ものすごい轟音とともに空高く源泉が噴き上がります! まるで間欠泉のよう!   バケツにたまった源泉。   手をつけてみてくださいと言われまして……   手をつけました。 pH値8.2・アルカリ性のいわゆる「美肌の湯」ですからね~、乾くと手がツルツルになりましたよ!     この金具屋第1・第2ボーリングのちょうど真正面の辺り、横湯川の対岸に「温泉寺」があります。(写メはズームしています) この温泉寺の本堂の裏から「温泉寺寺湯」が湧いているとのこと。 ですが、「共同引湯はお見せできない」そうなんです。 温泉寺は武田信玄が「川中島の戦い」の後、傷を癒すためにお金を出して建立したお寺なんだそうで。 「金具屋の「鎌倉風呂」に入ると武田信玄が入ったお湯と同じお湯に入ることになりますよ」などと、遠い歴史に想いを馳せる、とてもロマンのある話が聞けました。   最後にお土産として温泉成分の結晶(湯の花)をいただきました。 ただ、このお土産はいつもあるわけではないそうですのでご注意ください。 平日でツアー参加客が少なかったので、僕はラッキーだったかな? ともかく「金具屋源泉見学ツアー」はただ見て回るだけではなくて、源泉や噴気に触ったり、析出物を味わったり、硫黄の匂いを嗅いだり、間欠泉の音を聴いたりと、五感をフルに使って体感するとっても楽しくて面白く、また、勉強になるものでした。 金具屋に宿泊される際にはぜひ参加されることをおすすめします。 ちゅか、僕は次に金具屋に泊まることがあれば「金具屋文化財巡り」にも参加してみたいと思っています。 はい、今回をもちまして長々と続けてまいりました『歴史の宿金具屋』関連記事はおしまいです。 次からは旅行2日目・2018年10月12日の温泉巡り記事を始めますよ。 お楽しみに~。 close

渋温泉 歴史の宿金具屋⑪ 金具屋源泉見学ツアー〈金具屋の4つの源泉を五感で体験!〉
サイト名 いろいろアウトな日々
タグ 源泉
投稿日時 2019-06-11 00:41:01

「渋温泉 歴史の宿金具屋⑪ 金具屋源泉見学ツアー〈金具屋の4つの源泉を五感で体験!〉」関連ページ一覧

新着記事一覧

諏訪湖の森 四季亭 大浴場 ②


うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.
本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です諏訪湖の森 四季亭の口コミはこちら━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─大浴場はレセプション棟の地下にあるので階段...
うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.
大浴場 諏訪湖の森 四季亭 (長野)
2019-06-20 00:42:01

【別府市】別府温泉 天満温泉~敷地内の源泉が印象的!広々とした浴槽を独り占め!


下山後の温泉
とある晴れた6月の第2週目の日曜日、大分県別府市の共同浴場「天満温泉」を利用しました。   スポンサーリンク   天満温泉には、駐車場が無い...
下山後の温泉
別府八湯温泉道 塩化物泉 大分県別府市 温泉 源泉 炭酸水素塩泉
2019-06-19 14:41:02

東北屈指の絶景温泉!秋田「アルパこまくさ」の田沢湖展望露天風呂|秋田県|LINEトラベルjp 旅行ガイド


国内・海外の旅行・観光ガイド トラベルjp<たびねす>|「温泉旅行」新着記事
数多くの絶景露天風呂がある北東北。その中でも、穴場でアクセスの良い施設が、「アルパこまくさ」の田沢湖展望露天風呂です。 田沢湖から乳頭温泉郷...
国内・海外の旅行・観光ガイド トラベルjp<たびねす>|「温泉旅行」新着記事
露天風呂
2019-06-18 00:24:01

今回の沖縄旅唯一の大浴場付きホテルで宿泊♪色々お土産物買いつつ名護市中心の散策


人生気ままB級グルメで♪ ~無職・コミュ障アラフィフおっさんセミリタイア放浪記~
2019年2月21日(木)避寒旅20日目その2 沖縄本島北部をレンタカーで周遊しております。 沖縄の綺麗な海を見たくて・・・そんな日は晴れてくれる私の天...
人生気ままB級グルメで♪ ~無職・コミュ障アラフィフおっさんセミリタイア放浪記~
2019沖縄2人旅からのそして。。。 ご当地スーパー リゾートホテル 今帰仁 名護 大浴場
2019-06-17 14:42:02

秋山郷温泉巡り④ 上野原温泉 のよさの里 牧之の宿〈露天風呂に気付かず笑〉@長野県下水内郡栄村堺


いろいろアウトな日々
 「栄村秋山郷観光協会」HPよると「『上野原温泉(のよさの里)』は土・日のみの営業となっています。」と記されています。訪問の際は要確認でお...
いろいろアウトな日々
露天風呂
2019-06-16 00:25:02

【新潟】「朱鷺伝説と露天風呂の宿」佐渡グリーンホテルきらく <佐渡島>


幸せな時間求めて*旅心いっぱい!と孫一道*
両津温泉郷温泉旅館・ホテル「朱鷺伝説と露天風呂の宿」佐渡グリーンホテルきらく <佐渡島>≪新潟県の観光スポット≫♪・・よい旅を・・・♪ランキング...
幸せな時間求めて*旅心いっぱい!と孫一道*
露天風呂
2019-06-15 14:43:00

秋山郷温泉巡り③ 和山温泉 仁成館〈鳥甲山を眺む絶景混浴露天風呂〉@長野県下水内郡栄村堺


いろいろアウトな日々
 『和山温泉 仁成館』は2006年より廃業されています。 日帰り入浴ご希望の方は事前に電話等で問い合わせてみてください。 2018年のお...
いろいろアウトな日々
露天風呂
2019-06-15 00:24:31

暑い夏でも行きたい!日本全国の「こだわり満載な露天風呂」7選


「日帰り温泉」に関するまとめ記事一覧
6月26日は露天風呂の日です。絶景や自然と温泉で癒されることができたりする露天風呂は、場所によってさまざまなこだわりがありますよね。今回は、そ...
「日帰り温泉」に関するまとめ記事一覧
露天風呂
2019-06-14 14:24:13

露天風呂のツツジが咲きました


宿六日記-松之山温泉 和泉屋 [Official Blog]
長袖を着ると暑くなって、 半袖になると寒い日となる今日この頃 いかがお過ごしでしょうか? いかに天気予報を見ていないかがよくわかる(^^;) 寒暖差...
宿六日記-松之山温泉 和泉屋 [Official Blog]
温泉&風呂 露天風呂
2019-06-14 00:24:09

秋山郷温泉巡り② 切明温泉 雄川閣〈川沿いの雄大な貸切露天風呂〉@長野県下水内郡栄村堺


いろいろアウトな日々
 「栄村秋山郷観光協会」HPによると『切明温泉 雄川閣』は指定管理である一般財団法人栄村振興公社の解散に伴い、平成31年7月中下旬から、指定管...
いろいろアウトな日々
露天風呂
2019-06-13 00:43:01

湯郷温泉・源泉直結かけ流しの療養泉


石井宏子の地球まるごと温泉ビューティ®
おは湯~ございます。朝一番の療養泉。村人専用の「村湯」と、外来も可能な「療養泉」がひとつの建物に並んでいます。湯郷温泉の源泉直結のかけ流し。...
石井宏子の地球まるごと温泉ビューティ®
源泉
2019-06-12 14:41:01

長島温泉 ガーデンホテルオリーブ ②大岩露天風呂 オリーブの湯


ウィローの湯煙日記
 「ガーデンホテルオリーブ」さんの紹介です。 今回の紹介は、ホテルオリーブさんの建物内にある大岩露天風呂「オリーブの湯」。 こちらはホテルオ...
ウィローの湯煙日記
湯煙日記(三重) 露天風呂
2019-06-12 14:23:48
;